審美歯科

口元の見た目のお悩みを解消するのが審美歯科です。黄ばんだ歯を白くしたり、目立つ銀歯を白いセラミックの詰め物・被せ物に替えたりして、美しい口元をつくっていきます。

セラミック治療

むし歯の治療跡である銀歯は、笑ったときなどに意外と目につくもの。セラミック治療では、むし歯治療で削った部分に白いセラミックの詰め物・被せ物を装着したり、今使っている銀色の詰め物・被せ物を白いセラミックの素材に交換したりする治療です。

セラミック治療のメリット

口元の印象がよくなる

セラミックは、本物の歯に近い透明感と自然な白さが特徴。銀歯をセラミックに替えることで、口元の印象がグンと若返ります。

むし歯が再発しにくくなる

保険治療の銀歯と違い、セラミックは歯と一体化するため、隙間から細菌が入り込むことがありません。そのため、むし歯の再発(二次カリエス)のリスクを下げることができます。

金属アレルギーの心配がない

セラミック治療で使われる素材の多くは、金属を使用していません。そのため、金属アレルギーを引き起こす心配もありません。

【金属アレルギーについて】

【金属アレルギーについて】

金属アレルギーは、汗や唾液などによって金属から溶け出した金属イオンが体内に取り込まれることで発症します。アクセサリーなどが原因になることはよく知られていますが、銀歯が原因になるケースがあることはあまり知られていません。原因不明のかゆみやかぶれ、肌荒れなどがある場合、もしかしたら銀歯が原因の金属アレルギーかもしれません。

藤田歯科医院の審美歯科

北越谷の藤田歯科医院では、ただ単に歯を白くするだけではない、トータルな審美歯科治療を実践しています。歯や歯ぐきを中心とするお口全体がきれいで、かつバランス(調和・シンメトリー)のよさを重視して治療にあたっています。

口元のトータルな美を目指すためには、歯の色だけを白くすればいいのではなく、お口の状況をトータルで把握したうえで、土台から美しさをつくっていく必要があります。もし患者さんが歯周病を患っているのであれば、その治療を優先し、ダメージを受けている歯ぐきを回復させることから始めます。表面上の美しさを整える治療ではなく、全体として美しく、その美しさを長く維持していただける治療をお約束します。

主な取扱い素材

ジルコニア

ジルコニア 強度・耐久性に優れた素材。噛み合わせが強い部位でも、問題なく使用することができます。また、耐摩耗性にも優れているため、年月を経ても強度を保ち続けます。

e.max

e.max 審美性と耐久性を兼ね備えたセラミック素材。本物の歯が持つ微妙な透明感も再現でき、自然な仕上がりが得られます。また、ほどよい硬さなので、噛み合う歯を傷めることもありません。

メタルボンド

メタルボンド 金属の支柱のまわりに歯科用セラミックを焼き付けた素材。金属の強度とセラミックの美しさを兼ね備えています。やや透明感に劣ることと、金属アレルギーのリスクがあることが弱点です。

ラミネートベニア

ラミネートベニア 歯の表面を薄く削り、そこにセラミック製の薄い板を貼り付けて歯を白くする施術。歯の隙間を整えることも可能です。当院では、ラミネートベニアのセラミックにe.maxを採用しています。

薬剤で歯を漂白する「ホワイトニング」